オート事業部

LPGバイフュエール車  

LPGバイフューエル車とは

 
  • LPGバイフュエール車とは
  • LPG/CNGを1気筒ずつ電子制御で精密に燃料供給するシステムに加え、ベースのハイブリッド車・ガソリン車のコンピューターと連携しLPG/CNGも駆動し、たとえLPG/CNGが無くなっても予備燃料としてガソリンも使えるシステムです。 始動はガソリンを使用し、エンジンが温まると自動的にLPG/CNGに切り替わります。万が一LPG/CNGが燃料切れでも自動的にガソリンに切換わり走行します。
 

次世代自動車LPG車について

次世代自動車LPG車について

クルマを使う上で最も重要なことは「いつも安心して走れること。」だと私達は考えます。 LPG車/CNG車(バイフューエル車)を長い間お使いいただくには、LPG車/CNG車(バイフューエル車)としての使いやすさに加え、万が一の故障の時に「簡単で、適切で、速やかな対応」こそ大切な事です。 当社では、使いやすく信頼性の高いLPG車/CNG車(バイフューエル車)を、安心して長くご利用いただく体制を目指しています。

   

走れば走るほどお得なる。安定したコストを実現します。

当社のLPG車/CNG車(バイフューエル車)はガソリン車よりLPGシステム搭載分、車両価格は上昇します。しかし、そのコスト差はランニングコストで回収可能です。走行燃費はほぼガソリン車と同じ、燃料単価は常にガソリンよりLPGのほうが安いため数万キロ走行で回収可能。 その後のランニングコストは大幅に低減。走れば走るほどお得になります。

   

海外ディーラーでは純正指定。電子制御で信頼・実績のあるLPGシステム。

  • LPGシステム
  • LPGシステム写真

当社が採用するLPGシステムはヨーロッパ・ポーランドのシステムです。 LPGガスを気体化させて1気筒づつ電子制御で精密に燃料供給するシステムに加え、ベースのガソリン車のコンピューターと連携しLPGも駆動し、予備燃料としてガソリンも使える信頼性の高いバイフューエルシステムです。始動はガソリンを使用し、すぐ自動的にLPG燃料に切り替わります。万が一LPGが燃料切れでも自動的にガソリンに切換わり走行します。 ヨーロッパでは、ディーラー純正品としても採用され広く使われ実績のあるシステムです。 ※メイン燃料としてLPG、予備燃料としてガソリンを使用できるシステムを「バイフューエル」と言います。

   

トランクフルスペース。きちんとした造りを実現しています。

当社のLPG車/CNG車(バイフューエル車)はガソリン車よりLPGシステム搭載分、車両価格は上昇します。しかし、そのコスト差はランニングコストで回収可能です。走行燃費はほぼガソリン車と同じ、燃料単価は常にガソリンよりLPGのほうが安いため数万キロ走行で回収可能。 その後のランニングコストは大幅に低減。走れば走るほどお得になります。

   
  • LPG充填口
  • LPG充填口
    LPG充填口は、ほとんどの車種でガソリン給油リッド内に併設して設置。一部車種はLPG専用のフューエルリッドをリヤバンパー部等に新設します。 スマートな外観と、充填口の耐久性にも配慮しました。
  • 床下収納LPGタンク
  • トランクスペース(床下収納LPGタンク
    セダン型でも床下タンク収納をまず検討します。使い勝手の面で、架装の大変さはありますが、広大なトランクスペースは残しておくべきと考えます。 近年、スペアタイヤは搭載義務が無くなり、パンク修理材搭載車種も増えていることから、LPG車/CNG車(バイフューエル車)の床下収納タンクはさらに増加するでしょう。
トランクスペース(床下収納LPGタンク

セダン型でも床下タンク収納をまず検討します。使い勝手の面で、架装の大変さはありますが、広大なトランクスペースは残しておくべきと考えます。 近年、スペアタイヤは搭載義務が無くなり、パンク修理材搭載車種も増えていることから、LPG車/CNG車(バイフューエル車)の床下収納タンクはさらに増加するでしょう。

 
中古車情報はこちら

古物商許可

交付 愛媛県公安委員会
番号 第821190000465号  

JAFご入会はこちら